2008年 11月 23日

エクダイソンが細胞増殖を制御するpathway

Siaussat D, Bozzolan F, Porcheron P, Debernard S.
The 20-hydroxyecdysone-induced signalling pathway in G2/M arrest of Plodia interpunctella imaginal wing cells.
Insect Biochem Mol Biol. 2008 May;38(5):529-39. Epub 2008 Jan 19.

e0160319_1431091.jpg


著者らは、RNAiを使って20Eと関連する3つの転写因子EcR、USP、HR3の関係を調べました。
20Eのシグナル系が有効であるか向こうであるか、は培養細胞のうちG2/M期にあるものの数で見ました。
また、PiCycBの機能を調べるため、上記3つの転写因子単独のRNAiと、それぞれとPiCycBを一緒にRNAiしたときを比べました。
結果、EcR、USP、HR3がBcyslin合成を制御して細胞の増殖をコントロールしていることが分かりました。

著者らは2007年の論文
Siaussat D, Bozzolan F, Porcheron P, Debernard S.
Identification of steroid hormone signaling pathway in insect cell differentiation.
Cell Mol Life Sci. 2007 Feb;64(3):365-76.
において、EcR、USP、HR3がβtubulinの発現促進によって分化を促進すると述べています。


この2つの論文によって、20Eが細胞の傾向を増殖から分化にシフトしていくための、「分裂の抑制」と「分化の促進」の両方の働きについて簡単な図にまとまりました。
左のpathwayが2007、右のが2008のものです。
左は細胞の形態的変化、右は細胞の細胞周期の変化をみることで行われました。

FC2 Blog Ranking

[PR]

# by koretoki | 2008-11-23 14:29
2008年 11月 20日

ポリドナvirで甲虫細胞系に遺伝子導入

寄生蜂が寄主に寄生するためには、寄主の免疫系を制御する必要があります。
その因子として、venomやpolydnavirusが知られています。
polydnavirusを遺伝子導入のベクターとして用いたお話です。

D.Gundersen-Rindal,D.E.Lynn,and E.M.Dougherty
TRANSFORMATION OF LEPIDOPTERAN AND COLEOPTELAN INSECT CELL LINES BY GLYPTAPANTELES INDIENSIS POLYDNAVIRUS DNA
In Vitro Cell.Dev.Biol-Animal 35:111-114,February 1999

著者らは、gypsy mothの寄生蜂であるGlyptapanteles属の蜂のpolydnavirusを用いました。
実験には、Glyptaの寄主であるgypsy moth胚由来2つ、gypsy moth幼虫脂肪体由来1つ、Ti.ni.(Lepidoptera)胚由来1つ、Sp.fr.(lepi)蛹卵巣由来1つ、Pl.in.(lepi)翅成虫盤由来1つ、He.vi.(lepi)精巣由来1つ、Di.un.(Coleoptera)胚由来1つ、Tr.co.(Hymenoptera)胚由来2つ、Ae.al.(Diptera)卵由来1つ、計11の細胞系が用いられました。

それぞれの培養に対し、寄生蜂Glypta indiensisのメスの2つの卵巣と毒腺を添加し、観察、PCRによる遺伝子導入の確認を行いました。


結果、寄主を含む全てのLepidoptera由来細胞系とColeoptera由来の細胞系でpolydnavirusによる遺伝子導入が確認されました。
また、細胞系の由来組織の違いによる導入の可否はありませんでした。

細胞の形態や、増殖能はvirus添加後1週間は顕著であり、1-2ヶ月も経つとほとんど分からなくなってしまいました。
大体100回継代くらいまでは導入されたvirusの存在が確認され、特に長いものだと300回継代後でも確認されました。



lepiを狙った寄生蜂の持つpolydnavirusが、全く関係なさそうなcoleoの細胞に導入される―それなのに、HymeとDiではダメだというのがとても面白かったです。


お願いしますFC2 Blog Ranking

[PR]

# by koretoki | 2008-11-20 20:07
2008年 11月 20日

雌アリはいっぱい交尾したい

ひとつの遺伝的多型(日本語おかしい:single genotype)から複数の表現型多型が出現する仕組みはわかっていません。
著者らは、表現型の可塑性が親の遺伝的背景に影響されるを調べました。
Tanja Schwander and Laurent Keller
Genetic Compatibility Affects Queen and Worker Caste Determination
SCIENCE Vol.322 24 October 2008

アカシュウカクアリのコロニーをいくつか用意し、それぞれから雌雄の生殖虫を1頭ずつ取り出し、1回だけ交尾させた後、産まれた個体の表現型を調べました。
結果、組み合わせによって産まれた個体の生殖虫/労働虫の割合が大きくばらつきました。
おどろくことに、8割が生殖虫になってしまう組み合わせすらあります。

メスは多回交尾をしなければ、カーストの割り振りが偏ったコロニーをつくることになってしまうようです。
著者らは、このことが多回交尾を進化させたと述べています。

応援よろしくおねがいします
FC2 Blog Ranking

[PR]

# by koretoki | 2008-11-20 01:58
2008年 11月 19日

アンチエイジングには、テロメアーゼと制がん遺伝子

テロメアーゼの過剰発現で、マウスの寿命が延びたようです。

Tomás-Loba A, Flores I, Fernández-Marcos PJ, Cayuela ML, Maraver A, Tejera A, Borrás C, Matheu A, Klatt P, Flores JM, Viña J, Serrano M, Blasco MA.
Telomerase reverse transcriptase delays aging in cancer-resistant mice.
Cell. 2008 Nov 14;135(4):609-22.

テロメア構造は生物の寿命に関連すると言われています。
ヒトやマウスでテロメアを伸張させている酵素テロメアーゼの過剰発現は、培養条件下の細胞の分裂回数を無限にすることが知られています。
しかし、個体での機能については、テロメアーゼの発現が発がんイニシエーションとなるため、調べる事が困難でした。
この問題を回避するため、著者らは、がん耐性のあるマウス作製しました。
このマウスはがん抑制遺伝子である、p53、p16、p19ARFを過剰発現することで、がんに耐性を持っています。
このマウスで、テロメアーゼを過剰発現させると、加齢に伴う全身の衰えを改善しました。

最大で40%ほど寿命を延ばせるようです。
培養細胞のように不老不死というわけにはいかないのでしょうか。



応援宜しくお願いしますm(_ _)m
    ↓
FC2 Blog Ranking

[PR]

# by koretoki | 2008-11-19 18:18
2008年 11月 18日

アブラムシのJHtiterをLCMSで測る

アブラムシには翅があるやつとないやつがいます(有翅型、無翅型)
著者らは、2つの型で血中JH濃度の差がないことを示しました。

Schwartzberg EG, Kunert G, Westerlund SA, Hoffmann KH, Weisser WW
Juvenile hormone titres and winged offspring production do not correlate in the pea aphid, Acyrthosiphon pisum.
J Insect Physiol. 2008 Sep;54(9):1332-6. Epub 2008 Jun 26.
有翅型の個体とその親、無翅型の個体とその親についてJHtiterを調べました。

著者らは、アブラムシの足か触角を切り、体を圧迫して滴状に出てきた血液をキャピラリーで集めました。それを6ー12頭やって1μlになったら、それを100μlのmethanol/isooctane(1:1)に入れ、またスタンダードとしてmethopreneも入れます。
調整後濃縮して、島津のLCMS-2010Aで分析しました。

結果、JH3のみが検出され、その濃度は30-163pg/μlでした。
有翅型と無翅型の間に有意な差はありませんでした。


LCMSにいろんなものを入れてみたくなりました。
ちなみに、この方法で測れるのは12pg(検出限界)から40pg(定量限界)のものまでだそうです。

そういえば
サバクトビバッタの孤独相群生相スイッチには、卵巣ろ胞細胞、精液小胞、食道下神経節の神経分泌細胞に存在する6kD のペプチドが関連しているそうです。下記の論文では免疫染色で局在を確認したペプチドについて、MSをとることで擬陽性を除いています。
M.M.Rahman et al.
Localization of the phase-related 6-kDa peptide(PRP) in different tissues of the desert locust Schistocerca gregaria -Immunocytochemical and mass spectrometric approach
Journal of Insect Physiology 54 (2008) 543-554

お願いします↓
FC2 Blog Ranking

[PR]

# by koretoki | 2008-11-18 14:47