「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 13日

bystander effectの個体差

個体差は個体差でも前回のとは意味が少し違うようです。

Mothersill C, Rea D, Wright EG, Lorimore SA, Murphy D, Seymour CB, O'Malley K.
Individual variation in the production of a 'bystander signal' following irradiation of primary cultures of normal human urothelium.
Carcinogenesis. 2001 Sep;22(9):1465-71.

 Bystander effectとは、放射線を照射した細胞から非照射細胞への傷害の伝達のことです。細胞系へのα線、γ線の照射に引き続くbystander effectは議論されていません。また、この効果は、がんのリスク評価や放射線治療の計画のために重要です。

 in vivo研究の問題は、他の被爆細胞からのシグナルによってノイズが入り、研究できないところでした。著者らは、この問題を解決するため、ヒト組織の小片を体外で被爆させた後、培地に入れて、移植片や、bystander effectに安定して反応する細胞系に加える系を考えました。

 そして、患者間のシグナル発生の個人差について、分子や細胞のエンドポイントで評価しました。この研究には100人以上の患者が参加し、また、低い被爆で反応するマウスの細胞系が用いられました。


 結果、被爆移植片の培養上清が、非被爆の移植片や細胞系の細胞をbystander effectで死なせることが明らかになりました。また、異なる患者に由来する組織片は、異なるbystander effectを生みました。性差や、喫煙もこれに影響しました。


 統計はMann-Whitney U testで、"Total males versus total females"とか、"All smoker versus all non-smoker"とか、されているので、個人差というよりかは、個人群差といった感じがします。



人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
FC2 Blog Ranking

[PR]

by koretoki | 2009-02-13 21:37
2009年 02月 12日

初代培養に現れる移植片由来個体の個体差

Drobna Z, Waters SB, Walton FS, LeCluyse EL, Thomas DJ, Styblo M.
Interindividual variation in the metabolism of arsenic in cultured primary human hepatocytes.
Toxicol Appl Pharmacol. 2004 Dec 1;201(2):166-77.

著者らは、iAs(無機砒素)の代謝の許容量の個体差(Interindividual variation)を調べるために、8人の患者から3つずつ初代培養を作りました。
そして、培地に添加されたiAsそのものの培養中の濃度変化と、iAs分解酵素であるcyt19のmRNAをrealtime RT-PCRでモニターしました。
得られた数値をLinear regressionを用いて解析し、個体差について言及しました。

結果、
iAsの代謝のパターンと程度のvariationはinterindividual variationに基くものであることを示しました。
また、それらの代謝の許容量の差異は、慢性的なiAs暴露の健康被害の感受性の個体差にも直接的な関係があるだろうと述べています。



人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
FC2 Blog Ranking

[PR]

by koretoki | 2009-02-12 22:50
2009年 02月 04日

鰓のセルラインで水質調査

マス由来の鰓のセルラインとして、例えば、RTgill-W1が樹立されています。
類上皮の形態をとり、タイトな単層を形成します。
浸透圧の上下に強く、水質調査に向くほか、2種のvirusと1種の病原性アメーバの宿主になり得るため、病害の研究にも使えます。

Lee LE, Dayeh VR, Schirmer K, Bols NC.
Applications and potential uses of fish gill cell lines: examples with RTgill-W1.
In Vitro Cell Dev Biol Anim. 2009 Jan 28.

浸透圧に関して、培養の写真を見る限りでは、HyperよりもHypoに強いようです。
昆虫細胞はHyperな方に強いので、魚は逆?のようです。

著者らは、RTgill-W1の最も大きな利点として「調べたい水を直に培養に入れられるところだ」と述べています。



魚のセルラインって美味しいんでしょうか?
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
FC2 Blog Ranking

[PR]

by koretoki | 2009-02-04 18:18