2009年 03月 06日

金コロに付けて活性up

ドーピングに使われるエリスロポエチンの友だちでしょうか?

Gong J, Ito Y.
Peptide immobilized on gold particles enhances cell growth.
Cytotechnology. 2009 Jan 11.

 トロンボポイエチン(Thrombopoietin, TPO)は332個のアミノ酸残基を持つ血小板産生因子であり、巨核球系前駆細胞からの血小板の産生を誘導します。そのため血小板減少症の治療薬として注目されており、組み換えTPOなどが開発されています。また、非ペプチド性のTPO-like 活性を持つ物質も見出されています。今回著者らは、細胞系を用いた実験で、金コロイドに固定することで、14-15ペプチドのTPOミミックがより高いTPO-like 活性を持つことを示しました。
 
 組み換えヒトTPOをPolyethylene glycol修飾したものが臨床で用いられているそうですが、抗原性があってそこがネックだそうです。本研究で用いられた金コロ‐ペプチドのミミックは大丈夫だといいですね。




人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
FC2 Blog Ranking

[PR]

by koretoki | 2009-03-06 18:07


<< Filter Well Ins...      融合細胞の計数と単離の楽な方法 >>