2008年 12月 10日

足場がないと自殺もできません

Scribbleは細胞の足場蛋白の遺伝子です。
これを失うことで細胞のアポトーシスが抑制され、がん化を促進することが分かりました。

Zhan L, Rosenberg A, Bergami KC, Yu M, Xuan Z, Jaffe AB, Allred C, Muthuswamy SK.
Deregulation of Scribble Promotes Mammary Tumorigenesis and Reveals a Role for Cell Polarity in Carcinoma
Cell. 2008 Nov 28;135(5):865-78.

著者らは、非がん性の表皮系細胞系であるMCF-10Aを用いて実験をおこないました。
ScribbleをRNAiでノックアウトすることでアポトーシスのマーカーである活性型Caspase-3がなくなりました。
また、がん遺伝子であるE7を導入したMCF-10A細胞でも同じことが確かめられたため、Scribbleががん遺伝子と共同でがん化を引き起こしているのではないか、と著者らは述べています。

さらに、移植すると2次肺(2次胚ではない)をつくる細胞系COMMA-1Dβgeo(CD)細胞系を用いた実験では、ScrbbleのRNAiによるノックアウトによって、気管の空間がほとんどなくなり、がん化することも示されました。

形成異常によるアポトーシスの減少と、過形成によってがん化が起こるのではないかと考察しています。



がん化していないとされる細胞系は、形成異常なしに過形成した細胞群と捉えていいのでしょうか?
そうするとSf-9なんかは、完全に無極性ですし、がん化している?
また、コントロール群のMCF-10A細胞で、写真に写っている総ての細胞が活性型Caspase-3を持っているのが、とても不思議でした。(Fig.1B)

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
FC2 Blog Ranking

[PR]

by koretoki | 2008-12-10 18:37


<< 浸潤転移するハエのがん      溶液中の細胞を観察できる走査電... >>