したっぱ昆虫細胞研究者のメモ

insectcell.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 03日

昆虫初代培養用MX培地

PubMedで「MX medium primary culture insect」を検索しても出ないと思ったら特許で見つけました。
最近PubMedの表示変わりました?

今西 重雄、羽賀 篤信、三橋 淳
昆虫細胞初代培養用培地、細胞外マトリックスおよびこれらを用いた短期間での昆虫培養細胞株作出法
特開2006-136339(P2006-136339A)

著者らは、細胞系樹立を目的とした昆虫細胞初代培養に適した培地を作りました。
また、昆虫由来の水溶性キチンで培養基材をコートし、細胞接着を促進しました。

 組成表を見て、MGM450培地とMM培地を混ぜたらいけるんじゃないかと思いました。MX培地で作出された鞘翅目の培養細胞株はありましたっけ?日本で作出された鞘翅目の培養細胞株はオオスジコガネFRI-AnCo-5B、ブドウトラカミキリXP-1、ドウガネブイブイTUAT-AnCu-35、クリストフコトラカミキリPC-1の4つで、どれもMGM450培地を用いていたと思います。キチンコートは昔、北海道の方がカニの殻から作ってましたが、そのときのディッシュは白いキチンが縦横無尽に走っており、観察には邪魔そうでした。観察しやすいキチンコートディッシュは使ってみたいです。


人気ブログランキングに参加しています。
FC2 Blog Ranking

[PR]

by koretoki | 2008-12-03 01:47


<< 生物時計のケース的存在?      免疫の学習の主役は血球です >>