したっぱ昆虫細胞研究者のメモ

insectcell.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 23日

エクダイソンが細胞増殖を制御するpathway

Siaussat D, Bozzolan F, Porcheron P, Debernard S.
The 20-hydroxyecdysone-induced signalling pathway in G2/M arrest of Plodia interpunctella imaginal wing cells.
Insect Biochem Mol Biol. 2008 May;38(5):529-39. Epub 2008 Jan 19.

e0160319_1431091.jpg


著者らは、RNAiを使って20Eと関連する3つの転写因子EcR、USP、HR3の関係を調べました。
20Eのシグナル系が有効であるか向こうであるか、は培養細胞のうちG2/M期にあるものの数で見ました。
また、PiCycBの機能を調べるため、上記3つの転写因子単独のRNAiと、それぞれとPiCycBを一緒にRNAiしたときを比べました。
結果、EcR、USP、HR3がBcyslin合成を制御して細胞の増殖をコントロールしていることが分かりました。

著者らは2007年の論文
Siaussat D, Bozzolan F, Porcheron P, Debernard S.
Identification of steroid hormone signaling pathway in insect cell differentiation.
Cell Mol Life Sci. 2007 Feb;64(3):365-76.
において、EcR、USP、HR3がβtubulinの発現促進によって分化を促進すると述べています。


この2つの論文によって、20Eが細胞の傾向を増殖から分化にシフトしていくための、「分裂の抑制」と「分化の促進」の両方の働きについて簡単な図にまとまりました。
左のpathwayが2007、右のが2008のものです。
左は細胞の形態的変化、右は細胞の細胞周期の変化をみることで行われました。

FC2 Blog Ranking

[PR]

by koretoki | 2008-11-23 14:29


<< JH単独で細胞増殖阻害をする場合      ポリドナvirで甲虫細胞系に遺... >>