したっぱ昆虫細胞研究者のメモ

insectcell.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 20日

雌アリはいっぱい交尾したい

ひとつの遺伝的多型(日本語おかしい:single genotype)から複数の表現型多型が出現する仕組みはわかっていません。
著者らは、表現型の可塑性が親の遺伝的背景に影響されるを調べました。
Tanja Schwander and Laurent Keller
Genetic Compatibility Affects Queen and Worker Caste Determination
SCIENCE Vol.322 24 October 2008

アカシュウカクアリのコロニーをいくつか用意し、それぞれから雌雄の生殖虫を1頭ずつ取り出し、1回だけ交尾させた後、産まれた個体の表現型を調べました。
結果、組み合わせによって産まれた個体の生殖虫/労働虫の割合が大きくばらつきました。
おどろくことに、8割が生殖虫になってしまう組み合わせすらあります。

メスは多回交尾をしなければ、カーストの割り振りが偏ったコロニーをつくることになってしまうようです。
著者らは、このことが多回交尾を進化させたと述べています。

応援よろしくおねがいします
FC2 Blog Ranking

[PR]

by koretoki | 2008-11-20 01:58


<< ポリドナvirで甲虫細胞系に遺...      アンチエイジングには、テロメア... >>