したっぱ昆虫細胞研究者のメモ

insectcell.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 14日

私寝てるから起きたらおこして

Ishita M.Shah,Maria-Halima Laaberki,David L. Popham and Jonathan Dworkin
A Eukaryotic-like Ser/Thr Kinase Signals Bacteria to Exit Dormancy in Response to Peptidoglycan Fragments
Cell, Volume 135, Issue 3, 486-496, 31 October 2008

バクテリアはsporeを作って休眠することで環境の変化に適応します。
著者らは、sporeを作って休眠しているバクテリアが、他のバクテリアの増殖に伴って放出される細胞壁のムロペプチドを感じて起きることを発見しました。

著者らは、spore状態のE.coliやB.subtilisの培養にPeptidoglycanなどを加えることで、濃度依存的に出芽率が上がる事を示しました。
また、そのレセプターがPrkCという内向きにSer/Thr kinaseを持つ膜貫通蛋白で、それなしに今回の反応が見られないことも示しています。

この発見は、活動期のバクテリアを対象にした現行の抗生物質とは全く異なる作用機構の抗生物質の開発に役立つと考えられています。



人気ブログランキングに参加しています。
押していただけるととても嬉しいです。
FC2 Blog Ranking

[PR]

by koretoki | 2008-11-14 03:19


<< Eカドヘリンが幹細胞のplur...      トランスポゾンを操って細胞系を... >>