したっぱ昆虫細胞研究者のメモ

insectcell.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 19日

血清フリーの培地で骨格筋の分化を追いかけるモデルができました

成分が全て同定された完全合成培地での培養は、細胞の維持に必須な要素、あるいは変化を誘導する要素の解析のために重要です。
今回著者らは、グロースファクターなどの種々の添加物を足したり引いたりして、無血清で骨格筋を培養できる培地を開発しました。

Mainak Das, John W. Rumsey, Neelima Bhargava, Cassie Gregory, Lisa Riedel, Jung Fong Kang and James J. Hickman
Developing a novel serum-free cell culture model of skeletal muscle differentiation by systematically studying the role of different growth factors in myotube formation
In Vitro Cell.Dev.Biol.-Animal Published online:09 May 2009

L15とM199を基本培地に、vitronectin、FGFなどを加えた培地を用いることにより、マウス胎児由来初代骨格筋細胞が、多核の筋繊維に分化させることが可能でした。

Medium Change Protocolによると、培養4日目まではbFGFを含んだ培地を用いますが、4日目にbFGFを全く含まない培地に全量交換します。その後、3日おきに培地の半分を交換しています。
それぞれの添加物の役割についてdiscussionで細かく説明されています。

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
FC2 Blog Ranking

[PR]

by koretoki | 2009-06-19 00:40


<< マリアナ海溝より深い海の水圧で...      インフルエンザワクチンを昆虫セ... >>