2009年 04月 15日

新しいカイコ幼虫卵巣由来セルライン・・・?

Khurad AM, Zhang MJ, Deshmukh CG, Bahekar RS, Tiple AD, Zhang CX.
A new continuous cell line from larval ovaries of silkworm, Bombyx mori.
In Vitro Cell Dev Biol Anim. 2009 Apr 9.

タイトルを見てびっくりしました。カイコ幼虫卵巣由来セルラインの樹立??それって既に沢山ありますよね??
という訳で読んでみました。

 著者等は、卵巣をMGM-448基本培地+10%FBS+3%熱処理蚕血清で培養し、遊出した細胞を継代してセルラインを樹立しました。出来たセルラインはMGM-448とTNM-FHの2つの基本培地に適応したそうです。今回樹立した、DZNU-Bm-12のBmNPV感受性を見たところ、85-90%の細胞が3-17個の包埋体ウィルスを形成したそうです。




 カイコのセルラインのNPV感受性は、一般的に30-40%程度なので、85-90%と言うのは非常に高い数値です。たぶんここがこの論文の要点だと思います。著者は3年前にも"A new Bombyx mori larval ovarian cell line highly susceptible to nucleopolyhedrovirus."というタイトルで投稿をしていて、そちらの論文では“the cell line was found to be highly susceptible with 92-94% of the cells harbouring BmNPV and having an average of 20-23 OBs/infected cell.”ということになっていたのでそっちの方が良いんじゃないかとも一瞬思いました。でも倍化時間を見たら、古い方が42時間かかるのに対し、新しい方は24-36時間で倍化するというので、新しい方が便利ですかね?

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
FC2 Blog Ranking

[PR]

by koretoki | 2009-04-15 20:29


<< SIVBmeeting2009...      autophagyって何?:I... >>